2017-01-26 16:08 | カテゴリ:ヒトリゴト
今年も巡ってまいりました。小学校の試験休み!

昨年は白馬コルチナスキー場。今年はすでに正月明けに栂池高原にスキーへ行ってきたばかりなので(私は出発当日に入院で泣く泣くキャンセルしたけれど)、近場で済まそうと思いました。

今週頭は全国的に大雪で。
この様子ならスキー場のゲレンデ状態も最高だろう?と、出発ギリギリに座席の空きを確認し、バスツアーに申し込んできました。

行き先は私たちは初めて行く「めいほうスキー場」。
ママ友の旦那様オススメのスキー場とのことで選びました。

新大阪から前日23時55分出発の夜行バスを利用します。
バスタイプを選ぶことはできず、スタンダードなバス。
いつも追加料金を払って独立3列シートや足元ひろびろタイプを選んでた私たちにとっては、正直ものすごく窮屈!
そして若い子たちは元気ね?夜通し喋ってたし。
ドリエル飲んで、とにかく眠ろうと努力しましたよ。
6時到着。
しかし施設が開く7時までバス車内で眠らせていただけました。感謝!

朝8時、スキー場がオープン!!
早速頂上へ。
新雪がフカフカで気持ちいい〜♪

5000mを4本、お昼ご飯を挟んで他の初中級者コースも滑り倒し、私は早々に14時で寒さと体力が限界!
その後も1人で時間ギリギリまで楽しんでた下の子の元気さに驚きです。

16時半、大阪に向けて帰りのバスが出発。
無事自宅に戻って参りました!



病み上がりで正直体力に自信がなかったのですが、退院後に3回スポーツジムに通いましたが変わりなくマシンを使えましたし、退院後初の診察でも問題ない回復具合と言ってくださいましたし、食事の不自由もほとんどなくなってきたのでもう大丈夫かな?と思い決断しました。

怪我もなく、筋肉痛も軽く、今日も元気に会社に行ってきましたよ!

やっぱりスキーは楽しいですね。

めいほうスキー場はコースも多彩で雪質もよく、利用者のマナーも良くて、とても気に入りました。
下の子に聞いたところ、信州方面への宿泊付きのスキー旅行と比べて旅行代金が3分の1から4分の1で済むのなら、これからはめいほうスキー場にシーズンに3回通う方が嬉しい、とのことでした。
まだまだスキー場はたくさんあるので、これからも少しずつ近郊のスキー場を開拓していけたらいいな、と思いました。