2014-09-29 06:33 | カテゴリ:未分類


昨日は上の子の吹奏楽部引退コンサートでした。

いよいよ今日から上の子が、パートリーダーして仲間や後輩を引っ張っていきます。
一年と半年前、楽器の経験はもちろんなく、譜面さえも読むことできなかった我が子。
ピアノに座らせてみると、今では譜面を初見ですらすら弾いています。
しかも両手で!
ピアノなんて習ったこともないのに~。

クラブ~クラブ~!でお勉強なんて全くしてないけれど、成績も中の中の中だけど、だからといってクラブ活動が無駄だとは全く思わない。

三年間で得たものは仲間と自信と根性!と、来年の自分達の引退コンサートで上の子達がきっと噛み締めてくれる事を信じて、あと一年、親たちもサポートしていきたいと思います。

あ、そうそう!
他の部を知らないのですが…吹奏楽部って親の出番が多くないですか?
楽器搬送で車出動させたり、コンクールや地元の祭典への出場の同行とか、差し入れしたりとか、保護者会活動が活発。
閉じられた場所での大会や記録会とかではなく、オープンな場所での演奏会が多いので、地元の自治会や育成会、学校の先生まで演奏を聴きにきてくださいます。
たくさんの大人が、自然とうちの子の顔を覚えてくれています。
街中でたくさんの目が光ってるので、悪いことができないし、挨拶もしっかりできる。

こういう目に見えない躾?のサポートが期待できるのも、吹部ならではかな?って感じています。



引退コンサートでいっぱい写真が掲示されていました。

「こんなエエ顔の写真あるんじゃーん!!」

ニコニコ笑顔の上の子を写真に撮っておきました。
今年の年賀状はこれで決まり♪